浪人生ジャンピングキャッチャーズ

歴史に残る風来坊になるよ。

善悪のクズ

今となっては友人ではない男と都心を歩いた。

適当に世間話でもしながらローソンでコーヒーを買った。

コンビニのコーヒーならファミリーマートが1番いいという持論はさらに固まった。

 

話題はセンター試験直前の電車内ての痴漢行為についてになったところで、以前から感じていた彼の良心の欠如が明らかになった。

彼は痴漢行為に反対することは偽善だと言った。

自分の利益を追求するにあたって他人に同情することは無駄なことと言った。

ボランティアも子供を産んで育てることも自己満足だとも言った。自分が得をするなら他人がどれだけ傷付こうと構わないそうだ。

感情のまえに相手に反論する前に少し考えてみた。

 

彼が慈善行為が偽善だと言うことは正しいと思った。なんとなく生きていると気づきにくいかもしれないが、電車で老人に席に譲るのも完全に偽善行為で自己満足なのだ。それは揺るぎないことである。

感情だけで考えるよりは偽善を俄然と思えるだけ彼はマシなのかとほんの少しだけ思ってやった。

 

自分が良いと思っていたことが偽善であったことに気づくと、何が本当に善いことかわからなくなる。

善いことを突き詰めていこうとはどうしても思えない。自分より貧しい人も富んでる人もいる世の中だ。やっぱり中心には自分がいる。

 

やっぱり判断基準は自分が決めなければならない。

社会では法律が善悪の基準だが、それを遵守しろと言いたいのではない。 

彼とは話が合うところもあるが、良心が欠けていると言う点で面白くない奴だ。

私は今までの育ちに問題があるから良心が欠けてるのかと聞いてみた。

しかし、彼は裕福な家で育ち、どちらかというと甘やかされて育ったと言う。良心の欠如からの悪事は退屈さから行ったものだそうだ。

 

彼の悪事は自分には止められない。その場しのぎの正義感のようなものはカッコ悪いと思うからだ。

自分は中途半端な立ち位置にいる偽善者だということは分かる。やらない善よりやる偽善。その通りと思う。その偽善が本当に善いことに近いのか。都合の良い時だけやる偽善はタチが悪いことだと思われることが多い。

 

しかし彼は偽善を悪いことだと履き違えているようだ。

私は決してそうだと思わない。

悪さ(他者を顧みない己の利益だけを追求すること)に全振りするくらいなら中途半端なままでいい。もっと他に面白いことがあるのだから。

 

なにより裕福な環境で育って親から多額のお小遣いを貰ってるような甘ちゃんが、同情心を捨てることが自分の利益になるというようなことを言っていることはなによりもカッコよくない。恵まれた環境で多くの選択肢の中からどうしてその考えに至ったのかが疑問だ。

たいした苦労も不自由もしていないくせに法を犯してどうして粋がるのだろうか。

 

何も善行の心理を追求するべきだと言っているわけではない。

少なくとも私たち日本人は諸外国に比べて恵まれているのだから、ある程度の良心と好奇心だけで楽しく生きていくことができると思う。

 

 

一生懸命優しい人になりたいと思い続ける。

その意思が大事なんだよな。 

甲本ヒロトの言葉を思い出した。

 

なりたいと思える自分になれなかったとしても、なろうとするだけでもいいじゃないか。

 

 

彼が友人から危険人物に変わった出来事だ。

ある程度の付き合いを辞めるわけではないが、挙動には今までより注意しなければならない。

彼のことだから間違いなく将来警察にお世話になることだろう。その方が世の中のためにもなる。

 

周りの人間にもやっぱり期待しすぎない方がいい。

詳しくは書けないが、前から彼は良心が欠けてるのではないかと疑わしい行動をとっていることがあった。

けれども、なんとなく流石にそんなことはないだろうと自分勝手に思ってた。

 

今回は彼に対する衝撃的な失望はあったものの、良い教訓にもなった。

 

 

あかん、チキチキカーなる

長い夢から覚めたみたいだ。

今まで何してたんだろうと今更になって思う。

緊張の胸の高まりを感じる。一歩踏み出すごとにあまりにも杜撰に過ごした日々を思い出す。

しかし前半戦は頑張った。貯金だけでせめてクライマックスシリーズくらいは行かせて欲しい。

ぬるま湯に浸かっていたから、久しぶりにプレッシャーを感じる。緊張して萎縮する。

 

しかし言い返せば生の実感…

年間で10回献血したという徳を積んだ。そしてさっき電車で隣に座っていて人が財布を落として電車から降りようとしたところに声をかけて財布を渡すという10年に一度起きるか起きないかくらい稀な善行を積んだ。

もし神様がいるなら、奇跡を起こしてくれるはずだ。

やっぱり日本で生きていくためには地道な努力を続けなければならない。

仕方ないので、このまま前に進もう。もちろん、灰になるまで…

2020年宇宙の旅

今週のお題「2020年の抱負」

やりたいことがいくつかある。

一つ目はラグビーだ。

自分はかなり影響されやすいタイプなので今年のラグビーワールドカップを見た時から思うようになった。友達にこのことを言ったら面白がられた。

高校で部活は一年も続けずにやめて帰宅部だったが、何故か部活を辞めたぐらいから急激に身長と体重が増えた。

足は速くないのでプロップとかやってみたいなーと愚かにも思ってしまった。

南アフリカ戦で相手選手が稲垣を吹っ飛ばしたシーンはかなり興奮した。確かムタワリアとかいう名前だったような、、、

それにしてもあの巨体をよく持ち上げたなと思った。

福岡や松島のトライももちろんかっこいいが、あのプレーもものすごくカッコよく感じた。

自分は飽きやすいタイプなので長続きするかわからないが、是非やってみたい。

 

もう一つ目は漫才をやってみたい。

勉強も運動も容姿もよくない自分だが、笑いに対しての執着心とこだわりはあると最近思うようになった。

これは自分が笑いのツボが世間と乖離しているからだと思うが今年のM-1はすえひきとりずが1番面白かったと思う。

自分は周りと笑いの価値観が違っているので、自分の面白いと思うことを突き詰めても、評価はされないと思うが、自分と同じようなことで面白いと思える友達に出会いたい。女性ならその人と結婚したい。

自分が絶対にウケると思って言ったことがスベッたことを思い出して1人で悶えることは少なくない。

それでも貪欲に笑いを求めて、いつまでも、一人でも笑っていたい。

 

 

3リットルの水

晦日、久しぶりに会った父が大量に買い込んだお酒を飲んだ。

僕は調子に乗ってハイボールをガブガブ飲んでしまった。お酒に強いわけじゃないけど、チューハイを飲むのがなんとなくダサいような気がしたからハイボールを飲んだ。

紅白が始まる前に他局で日本の故郷の歌みたいなオールド層向けの歌番組を紅白と勘違いするという自分のボケで爆笑しているくらい酔ってたところまで覚えている。僕は笑上戸だ。

空きっ腹に酒というのはどうも良くないらしい。

紅白に小沢健二がサプライズ出演するというネットニュースを見ていたので、最後まで紅白を観たかったが泥酔してしまった。

前年までは大晦日に観る番組は黄金伝説と決めていたが今年はなかった。

ガキ使は面白いところが少ないから好きではない。

あと松本人志もあんまり好きではない。浜田は好き。ココリコも好き。ライセンスは解雇しろ。

紅白もヒットチャートで流れてるような曲は基本的に好きじゃないが、総合格闘技よりはマシだ。

中学校の頃に大晦日総合格闘技しか見ないと言っていた塾の先生はかっこよくみえたが、好んだ観ようとは思わなかった。

ちなみに好きなボクサーは比嘉大吾。具志堅の弟子とか、ブルーシールの話が好きだから贔屓している。体重制限をオーバーしてしまったというオチもついてて最高に面白い。その次に世界バンダム級王者のレオサンタクルス

1時ぐらいに目が覚めた。廊下に嘔吐しているのに気付いた。後で父が掃除してくれたそうだ。本当に申し訳ないことをしたが、これからの戒めになってよかったと思った。

ここから僕は寝れなかった。二日酔いには水というので、水を3リットルくらい飲んだが、それも吐いた。悪夢のようだった。ノロウイルスってこんな感じだろうなと思った。

気持ちが悪すぎて、大好きな漫画である囚人リクの最新刊すらも読めなかった。

ほぼ寝てなく、翌朝も気分は悪かったが、なんとか囚人リクを読むことができた。

脱獄してからの展開があっさりしすぎててビックリしたがかなり面白かった。

なんやかんやあって今に至る訳だが、酔いが覚めると現実が待っている。

 

久しぶりにTwitterを見てみようと思った。

案の定孤独な気分になった。

昔のクラスメイトが安い焼酎を飲んで孤独な大晦日を過ごしているという内容のツイートをしていた。

よくそれをツイッターに書けるなと思った。

そんなことを書いても寒い気持ちになるだけだろう。と思ったがやっぱり気持ちはわかる気がする。

だから僕は"サモハンキンポー最高"とツイートをした。そしてこのブログを書いている。

年賀状は一枚だけ送られてきた。 自分から一枚も送ってないというのもあるがなんとなく寂しかった。

返答の年賀状の挿し絵はジャッキーチェンとジョージワシントンにした。

さっきアメリカに旅立った友人に初めて海外宛てて年賀状を書いた。

英語で書こうかと思ったが、ドラゴンイングリッシュもできないのでやめといた。

 

今年の抱負、新しいことに挑戦したい。

ラグビーかお笑い芸人の真似事をしたい。

 

M-12019はすえひきとりず が1番面白いと思う。

と書き残して置いて今日はこれくらいにしておこう

 

初めて教会に行った話

公園でマクドナルドを食べていると初老の男が話しかけてきた。

彼はキリスト教の布教活動をしていた。

僕は彼に誘われて教会に行った。

教会ではよくわからない大学生がマイクを持って歌謡曲風の賛美歌をカラオケみたいに歌っているのを聞いた。

最後にみんななで最初の一節を読む機会が設けられた。

なんとも不思議ですこし不気味に思えた。

神を信じるってどういうことなんだろうか。

ある老人はキリスト教から自己犠牲の精神を学んだと言っていた。

それらの教訓はキリスト教以外からでも得られることだ。

なにに惹きつけられて神を信じたのか

なんとなく周りに飲み込まれて催眠情報的に信じるものなのか

何度か聞いてみたが抽象的なことを言うので理解できなかった。

そういう曖昧なものを信じることが宗教だと自分は思った。

彼らに言わせてみれば確固たる神というものを信じていて、曖昧なものではないという。

1番良かったことは教会に来ていた女子大生がとても可愛いかった。握手した時にとても手が柔らかくて驚いた。

あぁ 토도이타노카 토오리스기타노카

12時過ぎに起きて完結に行くために電車に乗る。

冬の日差しが好きだ。

浦安鉄筋家族の韓国語バージョンのOPの曲を聴きながらゆっくりと歩いて駅へ向かった。

日本語バージョンより韓国語バージョンの方がテンポが良くて好きだ。

空には雲ひとつない。

電車の窓から見るいつもの景色が綺麗に映っている。

いつも満員電車に乗っているものだから、ガラガラの電車はとても快適だ。

 

今日髪を切りに行けばよかった。ボーイズオンザランの青山と戦う前の田西の髪型にしてほしい。

ブルーハーツの梶君みたいな感じのモヒカンだ。

 

暖かくて幸せだ。

 

献血してジュースを飲んで帰ろう

 

 

イカれねぇ町ぃ〜鉄筋鉄筋鉄筋鉄筋【浦安鉄筋家族】

今やるべきことから逃げて古本屋に行ってしまった。

朝の8時から夜の11時まで時間を忘れるほど漫画に没頭していた。

かなり充実した時間であった。

 

まず元祖浦安鉄筋家族全28巻、次に毎度浦安鉄筋家族全24巻をあっぱれ浦安鉄筋家族も店頭に並べられていた三巻を読んだ。

 

面白い話と面白くない話の高低差はあるものの、面白い話のときは立ち読みしながらでも笑い声をあげてしまう。

 

個人的に面白かったエピソードを並べておこう

 

垣の誕生秘話

垣の妹が来た話

毎度浦安鉄筋家族の江田五郎の再登場 あかねちゃんと喧嘩

大福星子とサモハンキンコの回ほぼ全部 発汗豚人、大福A

キテレツ君のパロディーのやつとタイマンのランドセル持ち

鳥野ねぎまの脱獄回 これはよりぬき浦安鉄筋家族でみた 絵柄的に無印のやつ

毎度の初めの方のタコ顔で号泣するドリーちゃんの回

 

初めの方はかなり硬派なギャグ漫画だったがだんだんほのぼのとした内容も増えてきて飽きさせない。

ノムさんにご飯をいっぱい食べさせようとする回は結構好き

あと宮崎危機の回も好き。

 

ちなみに漫画家の話と稲垣ジェーンの回では笑ったことがない

 

 

 

あと新ブラックジャックによろしくも8巻くらいまで読んだ。

 

前シリーズを読んでいたので内容が分かって面白かった。肝臓の移植に関するテーマがやたらと長く続いていた。

赤城さんはなんであそこまで実家の姉に嫌われてたのかわからないままだけど、読んでて面白かった。

 

少し前に新のついていない方のブラックジャックによろしくを立ち読みしていた時に、癌の末期の患者の最後に家族で旅行に行って延命治療を受けない選択を取ったシーンで古本屋で初めて号泣してしまったことがある。

それくらい引き込まれる漫画だった。

 

 

 

 

あと"僕たちがやりました"も全巻読んだ

多分九巻で完結していると思う。

展開が早くて面白かった。

しっかりとしたエンディングがあったから読み終えたときは気持ちよかった。

前に読んだアイアムアヒーローは少しモヤモヤとしたところを残したまま終えたからそう思ったのかもしれない。

 

自分はアイアムアヒーローはかなり好きだ。設定がリアリティがあって主人公が自分の等身大のような気がして漫画に入り込めそうな雰囲気が好きだった。あとコマ送りみたいな戦闘シーンもかなり好きだ。花沢健吾が今連載しているアンダーニンジャはものすごく楽しみである。

 

 

黒沢の外伝の最強伝説中根も読んだ。福本伸行の作品の中で最強伝説黒沢が一番好きな自分として、何度読み返しても面白いと思える作品だ。

銀行員になった中根の過去と決別するシーンは今の自分に耳が痛いような話であり、励まされているようでもある。

 

 

1日の半分以上ブックオフにいて1番辛かったのは店内BGMを聴き続けなければならなかったことだ。

 

バックナンバーのクリスマスソングとか、冬になるといつも聴こえてくるあの洋楽:らーすとくりすますうぃうぁうぇううぁ〜とか。あと小沢健二みたいな曲も永遠ループされてたな。  しあわせうぉ〜しあわせうぉ〜 

 

その中でも寺田心君のこちら側を小馬鹿にしたようなナレーションは我々ヘビーユーザーとしては心地良いものではなかった。

 

確かに寺田心君の起用は面白いとは思うが何度もリピートするなら川崎あやとか戸田恵梨香にして欲しい。流石にそれが欲張りすぎだろと言うのならボーイッシュで男友達みたいな小柄で可愛い保母さんでいいです。

 

 

 

あとももいろクローバーの新曲にノリノリなクリスマスソングがあってそれも何度も流されていた。

今までももいろクローバーのことは知らなかったけど、今日で嫌いになった。

 

ももいろクローバーの歌の歌い方が嫌だった。

可愛い感じで歌ったり、ドスの効いた感じでみたりしている感じが嫌いだ。歌詞の一部のサンタのおじさんというところをものすごくドスの効いた声で歌い上げるのが腹が立つ。それで個性を表現してるのか?それとも面白いと思ってやってるのか?と小一時間ほど問いただしたくなる。

アイドルならもっと可愛い子ぶる方向に全振りしろよ!

写真撮る時に変顔でしょうもない競い合ってる女みたいな感じがして嫌だ。

お前はどの立場で言ってるのかと指摘されることを承知で言っている。

 

 

こんなにマイナスなことを書いてしまったけど、今日は楽しかった。

過ぎてゆく時がまるで上野の早馬のようだった。

 

 

もし最後までこのダラダラとしたブログを読んでくれたならきっと浦安鉄筋家族で爆笑できるはずだ。