浪人生ジャンピングキャッチャーズ

歴史に残る風来坊になるよ。

古典ファンタジー

睦月の中頃、山里にて類い稀なき狐、前世にあやかりて、思いなきまま、太平洋の小僧と名乗ることありけり。

人に化けて、悪事を繰り返すことあしきことなり。

時に近江の千秋楽の芝をいたずらに刈りて、かつは讃岐の銀次郎のお櫃を盗みださんこと限りなし。

類なき積み重ねども、勇ましき気色ことにめづらし。

帝 いとおもしろきことかなと思し召して、宮中に招き給ふ。

小僧、嬉しく参りぬ。✴︎発泡酒かずくりて、酔どれになりぬ。✴︎第三のビール

そこへ三位の中将、あと厳かにおほきなる車奉り給ふ。

帝、こはいかに。

三位の中将、こは電気自動車にて侍る。いとめづらしきものなり。いざ、乗り給へ。 と答へ申す。

帝、あやつる技なくして、おどろおどろしく思し召す。

小僧いきりたちて言ふ。 我、黄金免許なり。いかにして誤ることあるらむ。

席に座し、京都の街へいかむとするに、楽しく、言の葉でいひあらはすこと限りなし。

あと楽しき時過ごふれども、小僧、飲酒にて、前方の民家にぶつかりけり。

いかにあらむ。 小僧、免許不保持なり。 

小僧、罪に問はるること恐れて、逢坂の関へ逃れむと、車いとはやく走らせ、周りにいる人弾き飛ばしけり。

その場の者たちさへも恐ろしく思へる。

逃走路、山道より、街へ抜けりをりふし、101匹の犬どもを見つくりて、皆、さめざめと涙を流し、身を案ずること限りなし。

いかに悲しきことかな。 三位の中将、いたずらになりけり。

帝、悲しみて袖を濡らし、世の憂を嘆き給ふ。

小僧推し量りて、皆心憂きこと同じなり。などなき給ふ。現世堪難きこと多かれど、真の道は心安きと思ひ侍る。

帝、うなづきて世を捨て三井寺へと参り給ふ。

小僧、新幹線に乗りて、世知辛き世を、車窓の三景に問ふ。